フリーランス的、平成最後のGWの過ごし方。

スポンサーリンク
Pocket

平成最後の超大型連休、2019年ゴールデンウィーク。

最大10連休の人も多いのでは。

土日祝日が関係ないフリーランスになってから数年たちますが、毎年ゴールデンウィークはじめ連休をもて余しています。

 

スポンサーリンク

ゴールデンウィークに静かに浮かれる田舎町

子どもたちの後ろ姿

北海道の田舎の我が家。

その周辺の家々も、普段とは違う雰囲気が漂っています。

子どもたちの元気な声、お父さんたちの姿、いつも見かけない車がわんさか停まっている家々。

普段とは違う、ワクワクそわそわした空気が伝わってきて、多くの人がこのゴールデンウィークを楽しみに過ごしているんだなー、と肌で感じます。

 

スポンサーリンク

ゴールデンウィーク、旅行に行くか、行かないか。

並んだ飛行機

テレビでもネット上でも、ゴールデンウィークに乗っかった旅情報がわんさか特集されています。

ついつい読み込んでしまって、旅心が大いに刺激される日々。

だが、しかし。旅行は大好きだけれど、この時期に出かけるのは正直気が進みません。

 

旅に出たいという気持ちは年中途切れることなくあるけども。

この時期は、どこかへ旅行へ行くのにも、大混雑、大渋滞。

どこもかしこも人だらけ。

航空券は高いし、空港は大混雑、道路は混んでいるし、ぐったり疲れておしまい。

それなら無理してゴールデンウィークに旅行に行かなくていいや。

第一、療養中の身だし。

 

じゃあ手近な道内旅行は、と考えてみても。大型連休は特に観光客がどっと押し寄せ、日本人観光客も外国人観光客もいつも以上にやってきます。

観光業の人々にとっては稼ぎ時ですが、地元民としてはゴールデンウィークにわざわざ道内旅行する理由がないのです。

混雑しているところに突入する勇気はない、といったところでしょうか。

混雑とはいっても、東京近辺の高速道路の大渋滞や某大型アミューズメントパークなどの混雑とは比べ物にならないけれど、それでも普段人口密度の低い世界で生きている人間にとっては十分息苦しくなるんですよね。混雑に慣れていないというか。

 

スポンサーリンク

2019年ゴールデンウィーク、どう過ごすか。

ゴロゴロ寝る猫

じゃあ今年の大型連休はどう過ごそうか。

本州に住んでいる友人たちが続々と北海道に帰省するので、それをお迎えして地元で静かにお茶を共にする、というささやかな予定を立てています。

あとはつつましく、普段通りに、いつもと同じように過ごすことにします。

 

滞りがちなブログを書いたり、ネタ帳を充実させたり整理したり。

モノの断捨離をしたり、パソコンのデータの断捨離をしたり。

いつもより丁寧にご飯を作ったり。

見てみぬふりをしていた場所をきれいに拭き掃除したり。

 

家の周りの散歩や、お昼寝、体を鍛えたり休めたりも今の自分にとっては大事な仕事です。

体の弱い、療養中の身としては、それくらいが心地よい。

静かに体を休め、体を作り、エネルギーを溜めるゴールデンウィーク。悪くない。

 

 

暦通りにせっせと働いていた時代はめちゃくちゃ楽しみだったゴールデンウィーク。

しっかり五月病にもなっていました。

あのころに比べると本当にゆるゆる生活になりました。

海外の空気を吸いに行きたいのは年中のことだけれど、それはまぁ、そのうちに。

 

ゴールデンウィークが仕事で、10連勤という方もいらっしゃることでしょう。

心からお疲れ様です、とつぶやいて、静かに缶ビールと枝豆に手を伸ばし、本を読む。

体が回復したあかつきにはまた海外に飛び出したいから、安い航空券を検索するのも忘れない。

 

世の中は平成最後だ、令和だ、ゴールデンウィークだと盛り上がっていますが、

ささやかで幸せなゴールデンウィークを過ごすのも悪くないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました